受講生の声 根来和寛さん

21

モチベーションの高い仲間と切磋琢磨できる環境、壁にぶつかっても乗り越えられた!

根来和寛さん

リクルート

新規領域事業開発

マスターコース

  • 現在は、どのようなお仕事をされているか、簡単に自己紹介をお願いします。
    開発側と一緒に、ハウスサービスや介護事業といった領域の新規事業開発をしています。私は主にクライアントサイドを担当しています。
  • 道場参加の理由を教えてください。
    現在、仕事が新規事業開発の部署で、私はクライアントサイドを担当しているのですが、ミーティングなどで、エンジニアの会話がわからずに苦労する場面がありました。将来的にはプロダクトサイドにも参加したい、と思っているのと、プログラミングを理解すれば自身でもっとサービスの設計に関して意見があげられるのではないか、と思い今回参加をしました。
  • いくつかある中でプログラミング道場[CodeCamp]を選んだ理由を教えてください。
    21
    仕事の関係上、長期に渡って時間を割くことが難しく、短期集中で学べるものを探していました。たまたまCode部のブログを見つけて、そこからプログラミング道場を知りました。他では6ヶ月間というところが多い中、1ヶ月の短期集中型というのは魅力的でしたね。それから、意識の高い仲間と一緒に切磋琢磨して学べるということも期待していました。 面接があって、合格した人だけが参加できるので、かなりモチベーションが高い人たちが集まっていることも参加を決めた理由のひとつでした
  • 過去にプログラミングを学んだことはありますか?
    21
    過去にHTML/CSSとWordPressの本は読んだことがあります。本に書かれてある通りに作っていけば確かにその通り作れたけれど、少し応用となると全くできませんでした。壁にぶち当たっても、周りに聞ける人がいなかったので、結局ベーシックな部分でも疑問を持ちながら進めることになり、身についているという実感がありませんでした。その点、プログラミング道場のように、すぐに誰かに聞ける環境があるのは良いですよね。なぜそうなってるか、というところまで聞けるのは大きいですよ。
  • 実際にプログラミング道場に参加されていかがでしたか。
    道場に参加をすると他の人の進捗もわかるので、それを見て、負けていられない!と自分のモチベーションをかき立てていました。平日と日曜日に3時間、道場がある土曜日は終日、かなり時間を取って勉強しました。道場では、基本的なことでも質問できたのが良かったですね。過去に学んだことで理解できていないところもあって、そういうのが本質的にしっかりと学ぶことができました。
  • プログラミングを学んだことで、何か変化はありましたか。
    仕事をする中で、チームのエンジニアとの信頼関係を作ることができました。実は道場開催中、わからないところを会社の開発の人たちに聞いたりもしていて、そういうところからエンジニアの人たちともコミュニケーションが取れるようになりました。よくサイトの記事で、”プログラミングの前提知識があるとエンジニアとコミュニケーションが活発化する”というのは読んだことがありましたが、まさにそうだなと思いましたね。将来的には事業家になりたいので、そういう意味でも、プロダクトの作り方などのイメージができたのも良かったです。 あとは、プログラミングは楽しい!そして、奥が深い!というのを感じましたね。応用問題が解けたときは、算数の問題が解けたみたいに嬉しいです。また、それを一つ一つ積み重ねないとサービスができないと思うと、まだまだ勉強が必要ですし、本当に奥が深いなと思います。その事実を知れたことも、良い勉強になりましたね。 今後は、本当に身近なところから、自分で手を動かしながら、理解を深めていきたいですね。短期的には今の組織の中で活用していき、将来的には会社を出て、っていうのは間違いなくあるので、会社を出たときのタイミングでは、知っているだけじゃなくて、自分で手を動かすことも必要だろうと考えています。
  • プログラミングを学習したいと思っている方にメッセージ/アドバイスをお願いします。
    実は、反省点として一点、スケジュールを考慮できずに進めてしまったことがありまして、今後受講を検討される方は、その点は考慮しながら進めるといいかなと思います。学習時間を作るというのは絶対に必要なのですが、それだけではなくて、最初に何を作りたいのかを明確にして、そのためには何が必要か、JavaScriptを重点的にやった方がいいのか、PHPだけでいいのか、それらを考慮して学習を進めることも、限られた時間の中で効率的に学ぶためには重要だと感じました。 あとは、今、私の周りでも最低限コミュニケーションができるレベルまで、プログラミングは必要だと、危機感を感じている人は増えています。今の時代、サービスを作るなら必ずITが関わってくると思うので、やはり非エンジニアの人も、日本語と同じレベル感で、共通言語としてのプログラミングを理解することが当たり前の時代になってきていると思います。 私は、元々営業出身で、営業としてお客様に価値提案していくスキルを身につけてきたけれど、やはり今後ビジネスをやっていく上では、そのスキルだけでは不十分です。ビジネスを行う上で、ITがマスト条件になる中、チームのエンジニアに的確な指示を出すためにも、非エンジニアにとってプログラミングスキルは必要不可欠なスキルだと思います。

無料体験レッスンではコースやプラン・・・・・・・の相談もできます

無料体験はこちら

無料体験レッスンとは