受講生の声 川上伸太郎さん

1

「どうしてもわからない」ことがいつでも解決できるから楽しい!できた時の感動が、勉強する原動力になっています!

川上伸太郎さん

テクニカルエンジニア

マスターコース

  • 現在は、どのようなお仕事をされているか、簡単に自己紹介をお願いします。
    現在、テレビ会議製品のテクニカルエンジニアをしています。エンジニアと言っても、業務上で直接的にプログラミングに関わることはなく、主にお客様からお問い合わせ頂いたテレビ会議システムでの技術的な障害への対応を行っています。
  • プログラミングを学ばれようと思った理由を教えてください。
    きっかけは、学生時代に経験したインターンシップで、ExcelのVBAに触れたことですね。ボタン一つでデータが整理され、自動で修正されるのを見て、「すごい!」と感動したのを今でも強く覚えています。それで、その時の上司に頼んでいろいろとやらせてもらったのですが、全く知識が無かったので全然できなかったんですよね。それがとても悔しく、自分でも何か作ってみたいと思い、独学で勉強を開始しました。
  • CodeCampを選んだポイントを教えてください。
    1

    「わかりやすい教科書と好きな時にプロによる個別指導が受けられるのは、初心者にとって最高の環境」

    好きな時間にマンツーマンレッスンが受けられるという点にとても惹かれました。仕事をしながら学びたかったので、毎週何時に通うというのは、物理的に不可能でした。また、今まで独学で勉強をしていましたので、断片的な知識しか持っていなかったんですよね。なので、マンツーマン指導なら、経験豊富な講師の方に私のレベルに合わせて教えてもらえるため、自分に合っているなと感じました。そもそもオンラインマンツーマンのスクール自体も少なかったんですが、その中でも、料金が安く講師の数も豊富だったというのもとても魅力でしたね。 そして、実際に受けた無料体験授業が、一番の決め手になりました。その時に見た教科書が非常にわかりやすかったですね。だいたいのプログラミングの書籍とかって、専門用語がたくさん書いてあって、取っ付きにくいかりにくい物が多いじゃないですか。僕も独学時代に、できるだけ簡単な参考書を探していましたが、初心者にはどれもハードルの高い物ばかりでした。なので、CodeCampの教科書は、ユーザー目線というか、初心者目線で作られた良い教科書だなと思いました。他の書籍に書いていない基本的なことも書いてあり、そこでまず最初に感動しましたね。そういった理由からCodeCampでの受講を決めました。
  • 実際にCodeCampを利用してみていかがでしたか。
    1

    「わからないところが解決できるというのは楽しい!だから、継続できる」

    本当に受講して良かったと思います。CodeCampを受け始めてから、プログラミングを楽しく勉強することができています。今まで独学や前職の研修などでプログラミングを勉強してきましたが、今思い返すと楽しくない時期っていうのが、結構多かったと思います。やはり、「わからないこと」が解決できないので、諦めてしまっていたんですよね。独学でも集合型の研修でも、わからないことがわからないままになってしまって、途中でやる気が失せてしまうということがありました。それに対してCodeCampの場合は、講師の先生が直接書いたコードを見てくれるので、わからないところをピンポイントで解決できるというのが非常にありがたかったです。今まで独学で躓いていた自分からすると、どうしてもわからないところが解決できるというのは楽しいですし、それがやる気にも繋がっていると思います。
  • CodeCampを受講して、何か変化はありましたか。

    「社内の新システム導入を提案。CodeCampを利用し始めてから、どんどん形にすることができています」

    独学時代と比べて、遥かにプログラミングの能力が向上したと思います。実は現在、会社で新しいシステムを導入しようとしているのですが、それは私が提案をさせていただいた物なんですよね。システム自体は、クラウド上でお客様の課題を管理するというもので、CodeCampで体系的な知識を身に付けた自分ならそれができるんじゃないかと思い、自分から提案をしました。 その他にもVBAを利用したToDoリストの作成や個人的なWEBサービスなど、以前から作りたかったものが、CodeCampを利用し始めてからどんどん形にすることができています。
  • 受講方法について教えてください。
    必ず予習をしてから授業を受けるように心がけています。授業は基本週に3回くらいですが、授業の内容や課題できるとこまでやってしまいます。その際に、わからなかったところを質問事項として羅列し、授業の時間で講師の先生に質問するようにしています。授業中の40分の中では、なるべくコーディングはせず、わからない点を聞く事に集中させています。 学習している時間は、主に朝ですね。私は朝型派なので、仕事に行く前2時間くらい会社近くのカフェでコーディングをしています。
  • プログラミングを学習したいと思っている方にメッセージ/アドバイスをお願いします。

    「プログラミング学習で最も大切なことは、楽しむこと!どんどん分かるようになるから、楽しい」

    私は、プログラミング学習で最も大切なことは、「楽しむこと」だと考えています。独学の時に、あまり上達しなかったのは、楽しくなかったからだと思っています。その時は、どうしてもわからないことを解決する手段がありませんでしたので、やっていてとても苦しかった。 しかし、CodeCampならいつでもすぐに先生に聞けるので、プログラミングが楽しいと感じることができています。そして、その過程で何かを作れるとすごく感動するんですよね。そういった楽しさや感動こそが、勉強をする原動力になっているんだと思います。 また、「これを作りたい」などの目標を持つ事も、勉強を頑張るモチベーションを保つ上で非常に重要なことだと思います。私は現在、海外向けのWEBサービスを作って起業することを目標にしています。今のWEBサービスで有名な物は、ほとんどシリコンバレー勢など海外発のサービスばかりだと思いますので、いずれは起業をして、日本発の面白いサービスを作りたいと考えています。 皆さんもどうしようかなと悩んでいれば、ぜひ行動に移し挑戦してほしいと思います。実際に行ってみたら、最初に考えていた悩みは案外なくなったりもしますので、是非お互い一緒に頑張りましょう!

まずは無料体験レッスンを通じて
CodeCampのクオリティをご体験ください!