1. 講師インタビュー 沼田 直希

CodeCamp講師インタビュー生徒の本来持っている力を引き出すのが、講師の役目だと思っています。

ヌマタナオキ
沼田 直希

Q.経歴について教えてください

情報処理系の専門学校を卒業した後、半導体系の会社に入社したのですが、プログラミングに直接関わるような仕事はしていませんでした。10年程前にプログラミング関係の部署に移ったことがきっかけで、本格的にエンジニアとして働き始めました。そこでは主にC言語などを使って、工場の生産効率化や異常検知システムなど生産設備の改良保全を担当していました。そのころからWEB系に興味を持ち始め、WEBプログラミングを学び直し、4年前にフリーランスのWEBエンジニアとして独立しました。現在は、HTML.CSS、JavaScritp、PHPなどを用いて、個人事業主様を中心にECサイトやHPの制作のご支援をさせていただいています。

Q.実際にCodeCampで講師をされていかがですか?

プログラミングではないのですが、実は前職で少しだけ研修センタ−の講師をやっていたことがありまして、その経験から言わせてもらうと、マンツーマンはとても指導がしやすいなと感じています。以前の職場では集団講義だったのですが、人によって指導方法は異なるので、難しさを感じていました。人それぞれ悩みも違いますし、同じ悩みだったとしても、そのアプローチ方法は異なったりするじゃないですか。集団講義で一人一人に説明してたら、みんな寝てしまうし、かといって全員がまったく同じように理解できるような話は難しいです。なので、人によって指導方法を変えられるマンツーマン指導は、すごく強みだと思っています。 また、私自身、CodeCampで講師をやることで多くの刺激を受けています。リピートで指名していただける生徒さんがいらっしゃるので、その方々への感謝の気持ちと良いサービスを提供したいと、モチベーションも上がりますし、様々な角度から突っ込まれたときに答えられるようにしないといけないという思いにもなりますからね。より多様な質問に対応できれば、本業のお客さんにも対応しやすくなったりして、自身にとっても様々なメリットがあると感じています。

Q.プログラミング初心者の方に教える際に工夫されている点はありますか?

どうやったら生徒さんのモチベーションを上げていけるか、そればっかりを考えています。結局プログラミングは、生徒さん自身に手を動かしてやってもらわないと力は付きません。もちろん生徒さんによって説明の仕方を変えたり、独自の実験用サンプルコードを作って挙動を確認しながら理解していただくといったような工夫はしています。ただ、プログラミングという物の性質上、どう教えるかということ以上に、どうしたら生徒さんの本来持っている力を引き出してあげられるか、ということの方が重要だと考えています。なので、できるだけその生徒さんの興味のあるような話にプログラミングを絡めて、「こうゆう転用ができますよ」とか「こうゆう使用例がありますよ」など目標が持てるようなきっかけを作るようにしています。実は私自身も、学生時代にプログミングで挫折してしまってるんですよね。今となっては、プログラミングを学んで何かを作りたいなどの目標が無かったことが、その時の挫折の原因だと感じていますので、生徒さんも目標が持てれば、自然とモチベーションが湧いくるんじゃないかと考えています。 またプログラミングにおいては、特に基礎の段階はとても重要でして、しっかりと身につけられれば、その後、独学で学ぶことも容易になります。そういう意味においても、初期の段階でのモチベーションはとても重要だと思います。

Q.初心者の方がプログラミングを学ぶ際のポイントはありますか?

初心者の方は、一気に沢山の新しい情報が頭に入ってくるために混乱しやすくなります。“何を学ぼうとしているか”の テーマをしっかり意識しながら学習するという事がポイントだと思います。例えば、if文を学んでいるときに、乱数の取得とかが出てきたら、生徒さんがそればっかりに目が言ってしまうということも、ときどき見受けられるんですね。そんなふうに、あっちこっちわからないことが出てきて、本当に学ぶべきところがわからなくなってしまう。それも挫折するの原因の一つだと思います。私自身も遠回りしてきた人間なんで、その気持ちはよくわかるんですけど、「ここに集中していればばもっと早くできたんだな」と感じたことがあるので、わからないことが多少あっても、今学ぶべきところに集中して理解していただくことが大切だと思います。

Q.プログラミングの重要性についてどうお考えですか?

プログラミングには、まだまだいろんな可能性があると思います。例えば、WEB系のプログラムって、ネットショップとかでお店にも使えるのはもちろんですが、工場のシステムとかでも使えたりしますよね。そんなふうに様々なビジネスで、まだまだ知らない可能性とか仕事の広がりとかがあるのではないかと感じています。また、仕事以外にも物事を論理的に考えることができるという点でもメリットがあると思います。私自身、プログラミングをしっかりと学び始めてから、論理立てて物事を整理できるようになっていると思います。それまでは何かやりたいことがあったら、そこに辿り着く段取りとかも考えていなかったので、そのような面でも、プログラミングは有用だと考えています。

Q..最後に、プログラミング初学者の方にメッセージをお願いします。

まずは、プログラミング学習を楽しんでもらいたいです。楽しく勉強をするコツは、自分の好きなことにプログラミングを絡めて目標を持ち、その目標を実現するためのプログラミングという関連づけをすることだと思います。そうすることで、一つ一つができあがっていく過程が楽しくなるのではないでしょうか。あとは目標から逸れないように学習をすれば必ず希望を実現できると思いますので、是非、目標を達成するためのプログラミング学習を頑張ってください!

無料体験レッスンでは具体的な学習相談・・・・も可能です

無料体験レッスンとは